ヒーリングそのものになる、というのは、どういうことですか?

「ヒーリングとは、「方法」でも「理由」でもなく、またそれは、秘訣でもない。それはあなたの存在の状態である。」と『リコネクションP328』の中でDr.エリック・パールが言及しています。

切り離されたものと再び繋がり、愛/宇宙/神と共にあるとき、それがヒーリングそのものの存在状態であり、ワンネス・すべてのものが一つであるという状態なのです。
「ヒーリングはそれを「行おう」とするとエゴを増長させてしまいます。そして、扱っているエネルギーやテクニックに注目してしまいます。

そのようにテク ニックにこだわることでテクニックはマスターできるでしょうが、「ヒーリングそのもの」は決してマスターできません。そして、そのヒーリングはエネルギー を扱うテクニックでしかなくなってしまうでしょう。

しかし、ヒーリングとは本来そのような矮小(わいしょう)なものではありません。

リコネクティブ・ヒーリングはエネルギーを超えて、「光」や「情報」といった、多次元的領域へのアクセスです。ここでいう「光」とは「意識」をも含むものです。」