恐れを超越することを教えているのに、なぜ他のエネルギーワークおよび傘の中のものを制限するのですか? 制限すること、してはいけない(とは断言してないにせよ)という根底に隠されているものは恐れにつながっているのではありませんか?

制限をしているわけではありません。意識のあり方が、2元的なアプローチなのか、ただ在るという1元的なアプローチなのかが異なるのです。

(*あくまで一般的ということで、古来からのスピリチャルヒーリングですと)、2元的なアプローチをとります。つまり、善悪、外側から何かを付け足したり取り除いたり、エネルギーを増すためのステップであったり、プロテクトする方法や、テクニックなどが使われます。

そもそも、私たち全ての内に力はあり、そこにただ気づいていくという、リコネクティブヒーリングの 1元的なアプローチの在り方がまじり合わないということなのです。 どちらもあるよね、という、グレーゾーンはないのです。

リコネクティブ・ヒーリング®は宇宙の知性そのものです。私たちが、宇宙叡智そのものであり、完全なのです。
その完全性の領域を再び思い出すのが、リコネクティブヒーリングなのです。

「傘の中のもの」は宇宙の知性の一部を用いているエネルギーワークです。
「僕たちがすでに完全完璧な状態と交流していることを理解しているならば、完成しているもの(*宇宙叡智)に手を加えたいという気持ちはなくなるだろう。」と Dr.エリック・パールは言っています。
『リコネクションP186』をご参照ください。

オンラインレベル1コースでは、傘の概念や、恐れと愛について、詳しく説明されています。