安川美佐子

《あなたにとって、リコネクティブヒーリングってなんですか?》

なんですか?って言われるとなんだろう?と思うけど、「ゼロポイントフィールド」にいつでもいられるものかな、という感じです。というか、リコネクティブ周波数に意識を向けると、ここってどこだろう?と思うところにいつもいるのですが、多分それが「ゼロポイントフィールド」なのだろう、と今は勝手に解釈してます^^仮に「ゼロポイントフィールド」だとして、それを体感?知覚?認識?できる、そこにいると気づくことができるもの、でしょうか。
「私」でいるのにちょっと疲れたなーとか、そういう時に、ちょこちょこリコネクティブ周波数に意識を向けて、「ゼロポイントフィールド」に還ることができるなんて、素晴らしいことだと思います。

《プラクティショナーで良かったな、と思うときはどんな時?》

「リコネクティブ・ヒーリングってなんだろう?」の部分を、非言語の領域で共有できること。つまり、いつでも。