松田敬子

《あなたにとって、リコネクティブヒーリングってなんですか?》

ほぼ13年間このお仕事をしてきて、自分とリコネクティブヒーリングは一体化している感じがします。24時間365日、リコネクティブ周波数はわたしの生活、わたしの人生にリアルに流れ込み、宇宙との心地よいつながりを感じさせてくれます。
リコネクティブ周波数に意識を合わせることで、自然に本来の自分にもどることができることはほんとうに素晴らしいことです。
「わたしたちはそのままで100パーセント。プラクティショナーは、宇宙の完璧な愛と叡智が地球にやってくるためのドア、触媒。誰もが特別で、誰かより特別な人はいない」このようなリコネクション哲学は、その後に始めたスピリチュアルな仕事をしていくうえでも大切な基本となって、わたしが本来の道をはずれることがないようにサポートしてくれています。

《プラクティショナーで良かったな、と思うときはどんな時?》

プラクティショナーで良かった、と思わない時間は一瞬もありません。
素敵なのは、プラクティショナーでいることで、まず自分が幸せでいられることです。リコネクティブ・ヒーリングという生き方は、幸せと成長を運んで来てくれます。
リコネクティブ・ヒーリングを通して、多くの素敵な出会いがあります。その中で、与え、受け取ることの素晴らしさを、いつも感じることができます。また、このお仕事は、わたしに経済的自立と心の自由をもたらしてくれました。