保坂麻紀

《あなたにとって、リコネクティブヒーリングってなんですか?》

自分の一部です。そして遊びです。
自分の一部というのは、リコネクティブヒーリングの哲学を学んで感銘を受け、それが生き方というか日々の過ごし方に大きく影響しているからです。それはとても心地いいし軽やかで、ウキウキワクワクすることもあるので遊びにもなっています。

《プラクティショナーで良かったな、と思うときはどんな時?》

まずは、自信を持っていつでも誰でも必要とする方にリコネクティブヒーリングが行えること。
他にも、プラクティショナー同士の繋がりがあることは心強いし、在り方を共有している者同士、良い刺激を受けたり、楽しい時間を一緒に過ごしたりできる時はプラクティショナーになって良かったと思います。