2016年7月開催 リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー・プログラム


リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー・プログラム「RCPP」概要

日時:2016年7月9日 (土)〜10日(日)
午前10時〜午後6時

会場ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス

東京都台東区浅草橋 1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル3F カンファレンスルーム

JR 総武線 浅草橋駅 徒歩 1分/都営浅草線 浅草橋駅 徒歩2分/JR秋葉原駅 徒歩10分

受講料:125,000円 (税込)

再受講  71,000円(税込)

インストラクター: 西川 ロミ

募集定員:12名前後を予定しています。アットホームな環境の中で学んでいただけます。
この機会にぜひリコネクションを身につけ、サーティファイド・プラクティショナーとして活躍されていください。

【受講お申込・お問い合わせ】

西川ロミ
rominishikawa@gmail.com
090-2539-3330

(* お問い合わせのメールには、お名前、電話番号、メールアドレスを明記ください)

==================================

 

リコネクションを学びましょう! 

リコネクションは、エネルギー、光、情報との交流をもたらす一生に一度の経験です。この貴重な経験を周囲の人たちに提供する方法を学ぶのがリコネクション・サーティファイド・プラクティショナー・プログラム(RCPP)です。

リコネクションを学ぶことによって、あなたはリコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナーとしての能力をさらに広げ、深めることができます。リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP)になれば、あなたはリコネクションを通してリコネクティブ・ヒーリングの新たな側面を多くの人々に体感してもらえるようになります。それはまた、あなたのリコネクティブ・ヒーリングの仕事をさらに進化させ拡大することにもつながります。

リコネクションを提供する方法を学ぶことによって、あなたはこのワークのもつ未体験のレベルに出会うのです。

このプログラムでは、リコネクションの方法を身につけると同時に、レベルIIプログラム (RHFPP)で紹介されたアート、科学、哲学をさらに深く探究します。

 

リコネクションとは何か?

リコネクションは、大地や宇宙のエネルギーシステムとの再結合を通して、今まで以上にパワフルで進化したレベルに私たちを押し上げます。大地や宇宙に縦横に広がるエネルギーラインは、時を超えた知性のネットワークであり、人体の機能を再生させるための根本的なエネルギーを導く多次元的なシステムです。

 

■ □ ■ □  ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

このプログラムを受講するためには、あなたがリコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナーであること、認定を受けたプラクティショナーから2日間にわたってリコネクションを受けていること、そして適切な料金でリコネクティブ・ヒーリング・セッションを6回提供している必要があります。

このプログラムを無事終了し、事後条件を正しく完了すると、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナーとしての認定および、リコネクションを提供するための認可を得ることができます。

 

受講のための条件:
●  レベルIとレベルIIを修了し、リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナーの資格を得ていること。

●  料金設定が、12,000円〜21,000円の範囲でリコネクティブ・ヒーリングの対面セッションを4回、遠隔セッションを2回提供し、そのレポート(報告書)を提出すること。

 ⇒ レポートの提出の仕方についてはこちら

●  米国リコネクション本部が認定したプラクティショナーからリコネクションのセッションを受けていること。
2016年1月1日以降に受けるリコネクションのセッションは、「リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー」が行ったセッションのみが、受講資格として認められています。
それ以外のプラクティショナーから受けられた場合は、受け直しが必要となりますのでご留意ください。

プログラム終了後に認定を受けるために:

 ●  リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー・プログラム終了日より30日を過ぎてから、メンターによる「クリデンシャリング(認定試験)」を受けてください。プラクティショナーに認定されるためには、クリデンシャリングに合格し、100%の正確性をもってリコネクションを提供する能力があることを証明する必要があります。

●  リコネクション・サーティファイド・プラクティショナーの資格は2年ごとの更新制です。この資格を維持するには、2年ごとに再認定を受ける必要があります。

Comments are closed.