日本プログラム よくある質問(全受講者対象)


イブニングセミナー(金曜日)に、どうしても出られません。
欠席してもレベル2の修了証はもらえますか?

→ はい、大丈夫です。

ただ、イブニングセミナーは、土曜日、日曜日へと続くプログラムの基礎となる非常に重要なものですので、
ご自身のためにも受講を強くお薦めいたします。

唯一例外として欠席が認められるのはイブニングセミナーだけですので、ご注意ください。
その他の曜日を欠席されると修了とは認められません。

レベル1 修了には、2016年7月16日(土)、17日(日)二日間の受講が必須です。
レベル2修了証授与は、2016年7月18日(月)、19日(火)二日間の受講が必須です。


今回はレベル1(イブニング・セミナーおよび、エッセンシャル・リコネクティブヒーリング・トレーニングプログラム)しか受講できないのですが、今後日本でレベル2プログラムが開催される予定はありますか?

→ 今後の開催は未定です。

今回のレベル1を修了していれば、レベル2は米国リコネクションがプログラムを開催する世界のどの国においても受講可能になります。
プログラムは英語で行われ、開催国における主要言語(日本の場合は日本語)の同時通訳がつきます。


今のところプラクティショナーとして開業するつもりはないのですが、レベル2まで受講した方がいいですか?

大まかに分けると、レベル1が基礎、レベル2が実践・応用とお考えください。
レベル1&2を修了していれば、より確実にリコネクティブ・ヒーリングを行う自信をつけて頂けると思います。

レベル1では基礎の部分をしっかり学びますが、レベル2はさらに実践的な内容となり、
実技に十分な時間をかけ、遠隔ヒーリングや、対面ヒーリングも実際に行います。
またリコネクティブ・ヒーリングの伝え方も練習します。

レベル2を修了すると、リコネクティブ・ヒーリングを有償にて提供できる資格が米国リコネクション本部より与えられますが、
修了しても開業しない方も多いですし、他の仕事を辞める必要もなく週末だけ提供するという選択も可能です。

レベル2修了証には期限はありません。
2017年度の日本でのセミナー開催は未定ですので、今回、修得できる機会の受講をお勧めいたします。


レベル2受講の条件として、「リコネクティブ・ヒーリング」を対面セッションで受けるというのがあります。
リコネクションは済ませているので、リコネクティブ・ヒーリングも受けたこととして申請できますか?

→できません。

リコネクションリコネクティブ・ヒーリングのセッションは異なるものです。
リコネクションをリコネクティブ・ヒーリングの代わりにすることはできません。

リコネクションを受けていても,リコネクティブ・ヒーリングのセッションを受ける必要があります。
レベル2を受講するまでに対面にてリコネクティブ・ヒーリングのセッションを少なくとも1回お受けになって,その時のプラクティショナーのお名前を申告してください。

なお、レベル3受講には、リコネクションのセッションを受けていることが必須になります。
米国リコネクション本部は、2016年1月1日より、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナーが行うリコネクション、ファンデーショナル・プラクティショナーが行うリコネクティブ・ヒーリングのみを認めています。

リコネクティブ・ヒーリングを受けられる際に、「安心してリコネクティブ・ヒーリング/リコネクションを受けるには」を参考になさってください。


レベル2プログラム受講のために、「リコネクティブ・ヒーリング」を受けたいのですが、
近くにプラクティショナーが見つかりません。どうすればいいですか?

レベル1のプログラム開催中に、海外あるいは日本のティーチングメンバー (講師)とのセッションを予約することが可能です。

セッションは、プログラム開催場所であるホテルイースト21で行われます。
「リコネクション」のセッションのご予約もできます。

プログラム期間中の、セッションをご希望の方は、直接、担当・佐藤までお問い合わせください。
佐藤文香
reconnecting.japan@gmail.com


レベル3(RCPP)も受講したいのですが、開催予定はありますか?

2016年8月以降より、定期的に日本の主要都市での開催を予定しています。

レベル3は、Dr. エリック・パールは指導しません。
日本では、アソシエイト・インストラクターによって開催される、12名程度の小規模なものになります。
二日間で、受講料は為替レートにより変動しますが、約13万円前後とお考えください。

RCPP受講のお申し込み/お問い合わせは、西川ロミまでお願いします。
rominishikawa@gmail.com

- レベル3は受講に伴う条件があります。

1) レベル2を修了していること (「リコネクティブヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー」のタイトルがあること)
2) リコネクションのセッションを、米国リコネクション本部が承認したプラクティショナーから受けていること
3) リコネクティブ・ヒーリングを有償で6回提供していること


プログラム、の定員は何人ですか?

レベル1&2ともに各、300名前後を予定しています。


数百人も受講者がいる中で、一人一人がきちんとヒーリングのやり方を学べるのでしょうか? また、経験や知識がなくても、誰でもヒーリングができるようになるのですか?

→ はい、大丈夫です。
受講者全員がきちんと学んで頂くために必要な数の講師がいますので、どうぞご安心ください。

→ ヒーリングの知識や経験、年齢に関係なく、誰でもヒーリングができるようになります。

会場が、リコネクティブ周波数帯域の場「フィールド」となります。
エリック・パールを始め、世界各国から構成される講師チームが教えることは
一人一人の受講者の方が、その「フィールド」にアクセスする方法です。
リコネクティブ周波数帯にアクセスできるようになることが(繋がることが)、ヒーリングが行えるということになるのです。


プログラムの申し込み締め切り日はいつですか?

→ 2016年7月15日(金)より開催の、リコネクションのプログラムの申し込み締め切期日は、追ってのお知らせとなります。

お申込みは定員になり次第、終了とさせていただきますが、
入金の完了をもち、正式のお申し込みとなります。先着順となりますので、予め、ご了承ください。

また、お申込み状況により早めに終了となる場合がございます。

お支払いが完了されたお客様には、
後日JTBリコネクションデスクよりメールにてセミナー最終案内が送られます。


レベル2受講のために、リコネクティブ・ヒーリングを受けようと思います。
検索すると、「リコネクション・プラクティショナー」や「認定プラクティショナー」、
また「公認プラクティショナー」という記載をホームページにしている方がいますが、違いは何ですか?

→上記のタイトルは、すべて無効となっなっています

公認プラクティショナーおよび、認定プラクティショナー 、リコネクション・プラクティショナー、リコネクティブ・ヒーリングプラクティショナー等のタイトルは、米国リコネクション本部によって、2016年現在は承認されていません。

現在、米国リコネクション本部が承認しているのは、下記のタイトルのみです。

リコネクティブヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー
(通称、ファンデーショナル・プラクティショナー
→ リコネクティブ・ヒーリングを提供できます

リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー
(通称、サーティファイド・プラクティショナー
→ リコネクションを提供できます。


2014年5月からの、米国リコネクションが提供する新しいプログラム修了者のタイトルは、何になりますか?

レベル2ー
ファンデーショナル・プラクティショナー

(公式:リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー/Reconnective Healing Foundational Practitioner )

レベル3-
サーティファイド・プラクティショナー

(公式:リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー/ The Reconnection Certified Practitioner)

「* つまり,現在では,2014年5月以降に米国本部より認められた新しいタイトル(ファンデーショナル・プラクティショナーとサーティファイド・プラクティショナー)を保持しているプラクティショナーと,旧タイトルの(認定)プラクティショナーが存在するということです」米国リコネクションが、2016年1月1日以降承認するのは、新タイトルのみとなっています。


妊娠中、または重い病気があっても受講できますか?

→ はい、どのような健康状態にある方でも受講して頂けます。
何らかのお手伝いが必要な方は事前にご相談ください。

ただ、プログラム期間は、レベル1は2日半、レベル2は2日間と長時間に及びますので、
ご自身の判断と責任において受講申し込みをお願いいたします。
リコネクションのプログラムは、医療上の診断をしたり治療に替わるものではありません。


プログラム受講料の支払い方法を教えてください。

主要なクレジットカードによる決済、および銀行振込となります。分割でのお支払いの設定はありません。


宿泊が必要な場合は個人の手配になりますか?

→ はい、宿泊が必要な方は各自でご手配をお願いいたします。

一番利便性が良いのは会場となる「ホテルイースト21東京」です。ホテルのHPからもご予約可能です。
http://www.hotel-east21.co.jp

また、東陽町駅界隈にも、リーズナブルなホテルは多くあるようですので検索されてみてください。


セッションに必要なマッサージベッドは、どこから購入できますか?

プログラム期間中に会場にて販売を検討しています。

(→もし販売する場合は、プログラム中の実習で使用した商品となりますので、割引にての販売です。
使用したものですが程度は新品同様とお考えください。こちらは追って情報を更新いたします。)


海外在住の友人が英語での申し込みを希望しています。
あるいはセミナー/プログラム参加合意書も英語で確認したい場合はどこからできますか?

米国リコネクションHPより、日本プログラムのお申し込みができます。
英文での合意書、キャンセルポリシーの確認も、米国リコネクションHPからのお申し込みの際に確認できます。


今回の日本のプログラムは、どこが主催しているのですか?

どの国であってもリコネクションのプログラムは、The Reconnection LLC (米国リコネクション本部)の主催となります。
今回の日本プログラムに関しましては、株式会社JTBコーポレートセールス の協力を得ています。


プログラム内容に関する質問などは、どこに尋ねればいいですか?

- プログラムの申し込み手続き、お支払いなどに関する事務的なご質問は、JTB リコネクションデスクにお願いします。

- プログラムの内容などに関する事、すでにプラクティショナーで再受講を検討されている場合のご相談などは、
日本のティーチングメンバーにご連絡ください。

お願い!
ご質問される前に、「よくある質問」をお読みください。ほとんどの質問を網羅しています。

全受講者対象

再受講者対象

また、日本各地で、ティーチングメンバー主催によるプログラムの説明会も随時開催していますので、各メンバーのスケジュールをご確認の上どうぞご利用ください。


 プログラム、申し込みに関する質問は、どこに問い合わせればいいですか?

【 お問い合わせ先 】

株式会社JTBコーポレートセールス
霞が関第六事業部 リコネクションデスク
担当:児島、内藤、八木
〒100-6051
千代田区霞が関3-2-5  霞が関ビルディング23階

TEL:03-6737-9378/ FAX:03-6737-9368
E-mail:reconnection2016@bwt.jtb.jp

電話受付時間:10:30-17:00(土・日・祝祭日は休業)
営業時間:9:30-17:30(土・日・祝祭日は休業)

Comments are closed.